読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禿げ上がったおっさんが思ったこと

通勤途中に思ったことを書こうと思います。

ゲス系アフィリエータに腹を立てるだけ彼らに利することになることは覚えておこう

今日Twitterをみていたらゲームに興味がある人であれば絶対にいいイメージを持たないゲバ系アフィリエータ のツイートがあったので 引用ツイートしたところ多くに方からいいねをしてもらった。

内容としては昨日 ついに発表された 任天堂 スイッチのプレゼンテーションビデオについてあたかも任天堂が悪者であるかのような印象を持つような内容で記事を書いたようだ。

このアフィリエータは すごい アクセス数を持っているので内容の酷さとかは関係なくアクセス数を稼げればいいので記事のひどさについて書いたところでまったく気にしないだろう。

逆に彼らにまじめに抗議して変に炎上すればゲス系アフィリエータの思う壺で、ほんとうに焼き太りするのが腹立たしい所である。

私はゲーム関係のゲス系アフィリエータしか知らないのだがきっといろんな分野でそのような人がいるのだと思う。

ゲーマーとしては彼らからくる情報は もうすでに知っている内容をベースにを歪めているものだと思うので彼らからの情報は完全にシャットアウトしているし彼らの手口と 目的を知っているので腹を立てるだけ無駄だなと思うようにしている。

最近駄文でアクセスを稼ぎ大儲けをしていると自己申告して情報教材を売っているプロブロガーについて調べて書いているので昔よりよく分かるのだが彼等はプロブロガーより頭は相当いいなと思っている。

プロブロガーが馬鹿だなーと思うのは再現不可能なことをベースに インチキなものを売るだけでなく同時にリスペクトしてもらおうとしていることだ?

一方ゲス系アフィリエータは 誰に批判されたり罵倒されたりしてもいっさい気にせず、アクセス を稼ぎより多くのアクセスした人にアフィリエイトをクリックさせることだけに集中していることだ。

本当に罵倒されたりすることを気にしていないかについてはわからないが某プロブロガーのように批判者に対して悪態をつくことはあまり見たことがないので本当に何にも感じないのかお金のために我慢しているのかよくわからないが私には好きなものをけなしてまでお金を稼ごうと思ったことがないので本当のところはよくわからない。

皮肉なしでいうと彼らは完全に感情をすてプロに徹しているのでこちらが感情的になってリンクを 貼って抗議するのは彼らを利することになるので腹は立つかもしれないが無視をするのが一番いいと思う。

 ただ ネットでお金を稼ぐのであればプロブロガーになるよりゲス系アフィリエータになる方が 確実だと思うので ネットで稼ぎたい人はプロブロガーの情報教材を買うよりゲス系アフィリエータを研究することをお勧めする。

誰もゲス系アフィリエータになって欲しくないけどね

ネットを楽しもう

 私は相当昔からインターネットを使っているが最近ようやくネットは楽しいところだなと思う。

ただ、楽しむためには一つだけ大きな条件があるのではと最近感じている。

これは一般社会でも同じことだとまったく同じことだと思うが自分以外の人は考え方が違うので仮に自分と違う考え方をする人を見ても許容することだ。

 ただネットでは知り合える人の数がすごく多いので、リアルの関係よりももっと許容する事が必要だ。

 自分が普段 接しているのはある程度限定的なので どのようにしたらいいか想像できるのである程度対応できることも多いだろう。

ネットでは普段 絶対に接することのない人とコミュニケーションをとれるが、妙にいい人だったり、攻撃的な人がいる。

 ネットで炎上することがあるが観察していると抗議している人の中には 普段多くのストレスを 持っている人が痛いことを言った人をここぞとばかり叩いている。

叩いている相手が何か処罰を受けたらそのあと  抗議している人がしばらくたった後それについて言及しているのはあまり 見かけないので彼らにとっては重要な問題でないのではと思う。

だから コミュニケーションをとる相手を必要以上に刺激させないことが重要ではないか。

最近、ブログを初めてTwitterでもいろんな人とコミュニケーションをとるようになったが最近は ネットで不快に思うことはない。

考えてみると自分と違う考え方の人をみて意見をしても どのような反応が返ってきてもビックリしないようにしていることあとは相手のいうことに対して共感をするようにしていることだ。

 まだ私のブログはアクセスが少ないということもあるが、幸い誰かに絡まれたことはないがそのようなことがあったらまた改めて考察してここにでもあげるようにしよう。

Google Adsenseを本ブログでマジメにこの週末設定しよう

先週末にGoogle Adsenseが承認された。

パフォーマンスレポートを見るとそこそこアクセスがあるのだが、ほとんどクリックされていないので限りなく収益は0に近い。

ちょっと見てみるとどこにアドセンスを貼り付けかたによって収益が随分と変わるらしい。

いまはサイドバーに設定しているだけなのでクリックする人がいないのは当然といえば当然なのであるがやはりいろいろ工夫する必要があるようだ。

Wordpressだとプラグインとかあるようだがphpを内部で使っているのでプラグインを使うより意識したとおり配置が出来るかもしれないのでちょっと研究してみようと思う。

先週まで本当にGoogle Adsenseの承認がされるとは思っていなかったのでこのようなことで悩むのは嬉しい。

とりあえず収益1000円を目指そうと思います。

反論や意見されるブロガーはうらやましい

最近、メインブログはおかげさまで1日 100PVを越えている。

そこでアクセルがある話題との一つとしていかがわしいブロガーがある。

私以外にもそのブロガーには多くの批判者がいるのである。

彼が批判されるのはあまりにも事実を調べずに幼稚な批判を繰り返し炎上させて、ブログで稼げる方法を情報教材として販売しているので自業自得の所がある。

その自称トップオブトップブロガーは自分が批判されるのは気にくわないのでツイッターでちょっとでも意見があわない人がいるとブロックをしてみないようにしていると自慢げに自分のブログで書いている。

たまにツイッターで批判者に反論することがあるのだが批判者が何を主張したいのか理解できないのか、はたまた議論をすると自分の方が間違っていると多くの人に思われると感じているのかよくわからないが揚げ足とレッテル貼りしかなく最後は彼が売っている情報教材とアマゾンアフィリエイトで紹介している製品の紹介で終わるのはいつものパターンでウォッチャーとしては毎回同じものを見せられては食傷気味である。

一方私は彼のブロガーと比べるとアクセス数がすごく少ないので批判なんか全然ない。コメントは彼と比べるとすごく少ないだろう。

彼にたくさんの批判者や意見してくれる人がいるのはうらやましいと思う反面もったいないなと思う。

 私が彼であれば批判者をブロックするどころかガンガンリプして相手が参ったっていうくらい相手にするのになっておもう。

 つまらない記事を毎日量産するより批判者に対して毎日書けばネタに困ることもないのに勿体ないと思う。

 ただ、彼のような人間としてのレベルが低い人でも稼げることを自慢できる今のネットの状況とか仕組みはあんまりよくないのではないかとも思う。

私も批判する方じゃなく批判されるようになるよう頑張ろう。

正義は勝つとは思わないけどズルはしない方がいい

今まで結構長いこと社会人をやっているといまでも理不尽だなって思うことがある。

詳細なことはネットとかに書くようなことではないから書かないが、結構意地悪だなと思ったことをされたことは残念ながら一、二回だけではない。

ただこの歳になって思うのはその意地悪な人を思いだして糾弾することはいっさい意味がなくそのような人物と関わりを出来るだけ持たないようにするのが最適な選択肢なんだろうなって思う。

また、たまたまというわけではないが意地悪した人がしばらくの間はいい目にあったとしても何年かあとにその人物について調べると想像の斜め上(っていうか下)をいくようなことになっていることは少なくない。

人生は短くないのでどんな人でも本当に悪魔みたいな人と会うことがあると思うが、そのような状況にあったときには感情的に対抗せず逃げるのが一番いい解決策であるような気がする。

いずれ時間がたてばもっと客観的に考えるようになってからこのあたりについてはもうすこし詳細に書こうと思うが今年の2月くらいまで今冷静になって考えると悪魔的な人たちと関わって私なりに苦労した結果思い至った結論だ。

このような人たちは人を煽り感情的にさせることが得意で挑発に乗って怒ったらいろんな人に「ほら、だから言ったでしょう。あいつおかしいって」といい回るのでこちらの立場が悪くなるだけだなと学習した。

この手の人たちはだいたいその後失敗するのですが、何回か復活しますがいままで悪いことを続けてきたのか失敗と復活を繰り返すごとにショボくなっていくような気がする。

これは私の私見ですが、自分がいかに過去がすごいかと自慢する人ほどそのような傾向が強いと思うので、出来るだけ昔話で自慢になるようなことをいわないようにしている。

短期的な成功を考えた場合、誰かを貶めることで一時的な成功はあるかもしれないがズルをした人の結末は楽しいものではないのでズルをせずに生きて生きたいと思う。

タバコをやめたら余裕ではてなpro出来るよ

最近働いている職場では喫煙者が多い。

私は7―8まえいろいろ思うところがあってタバコをやめたが、近いうちにhttp://keisuke-yamada.yokohama  の方にその理由を書いて見るつもりだ。

今朝気づいたのだがタバコは一箱440円ぐらいしたと思うのだが一日一箱だと一月でタバコ代だけで15,000円ぐらい必要になる。

タバコを吸うときにライターはいるし缶ジュースを買うこともあるだろう。

一昨日からここで毎日ブログを書き始めようと決めてからproにするにはいくらかかるか調べて見たがドメインを取得して2年間コースでも2万円しないのでタバコをしていなければ簡単に始めることが出来る金額だ。

タバコをやめる理由はそれぞれだがタバコを吸っている人で何か買いたいものがある人はタバコをやめることを検討したらどうだろうか?

タバコを止めるまでに禁煙を数回失敗した経験からいうと金銭的な理由でやめるのは難しいと思うがタバコやめたら何が帰るようになるか想像すると禁煙のモチベーションがあがると思うので、やめることを考えてない人もちょっとやめてみたら何が経済的に出来るようになったか考えてみればいいかもしれない。

月1万5千円は冷静に考えると大金だなってここまで書いて思いました。

ブログで面白い話ができるようになりたい

6月からブログをhttp://keisuke-yamada.yokohamaで書き始めて4ヶ月過ぎた。

始めたころから比べるとずいぶんアクセスが増えたのはいいのだが自分にとって不甲斐ないなとおもうことが一つだけある。

いわゆる抱腹絶倒な話を書いていないのだ。

ネットがまだ今のように普及していない頃からでも結構人気があるwebサイトがあった。

私がTwitterでフォローしている呉エイジさんもずいぶん前に100万アクセスを達成したことがあったが、私もずいぶん笑わせていただいたと思う。

いまでも当時の面白さはあると思うので以前ほどの更新は出来ないかもしれないがまたいろいろ書いて欲しいなって思う。

ただすでに別名でブログして、かなり有名なブロガーなんでないかと疑っいる。

最近だとフミコフミオさんは面白いなと思う。彼のことを知ったのはたぶんTwitterで必要悪さんのことを書いていたときだそれ以来彼が更新することを知るとアクセスするようにしている。

いまでも暇なとき昔かかれた必要悪さんと今はなき部長さんの話を読んで涙がでるほど笑うことがある。

私も彼らのような何回も読み返しても面白いと思えるようなことを書きたいなと思うけど何をすればいいんだろうか?

彼らのような才能がある人と比べでも凹むだけなので自分なりにいろいろ思うことを書いていこうかなって思う。

自分では初対面の人でも笑わせることができると勘違いしているのだが、ブログで面白いことを書ける自信が全くないことが悔しいと思うがそのうち何か書けるようになるかもと思ってこの記事を終わらせよう。